デーリィ南日本酪農協同株式会社 ミルクでつなぐ明日の笑顔

ホーム  > 企業情報  > 「FSSC22000」の認証取得について

「FSSC22000」の認証取得について

「FSSC22000」の認証取得について

南日本酪農協同は、主要生産工場である都城工場が、2012年1月21日に食品安全システム認証規格「FSSC22000」を取得いたしました。

 弊社は「南九州の酪農家とともに安心安全な商品をお届けします」を経営理念として定め、厚生労働省によるHACCP(総合衛生管理製造過程)の承認や環境マネジメントシステムISO14001の認証取得により、これまでも安心安全な製品をお客様にお届けしてきました。

 すでにグループ会社のニシラク乳業(株)、北海道日高乳業(株)も取得済みであり今回、なお一層の安心安全な製品をお客様にお届けするため、新たに弊社、鹿屋工場が認証取得に至りました。

 今回の鹿屋工場の認証取得を機に、南日本酪農グループとして食品安全システム「FSSC22000」を積極的に推進するとともに、更なる「安心・安全」、そして「高品質」の製品をお客様にお届けすべく、会社一丸となって品質向上に取り組んで行く所存です。 

 

認証取得概要

認証取得登録日

  2012年1月21日   都城工場、ニシラク乳業(株)、北海道日高乳業(株)
  2014年12月10日  鹿屋工場 

審査登録機関      BSIグループジャパン株式会社

登録範囲:

  1. 都城工場(宮崎県都城市高木町5282番地)
    乳、乳製品、果汁、清涼飲料水、デザート、液状栄養食品及び乳製品をベースにしたリキュール類の製造
  2. 鹿屋工場(鹿児島県鹿屋市笠之原町1番67号) 
    乳、乳製品及びたんぱく質補給食品の製造
  3. ニシラク乳業株式会社(福岡県小倉南区大字朽網3914番地5)
    乳、乳製品、果汁、清涼飲料及び液状栄養食品の製造
  4. 北海道日高乳業株式会社(北海道沙流郡日高町富川東2丁目920番地)
    乳、乳飲料、乳酸菌飲料、液状栄養食品、果汁、清涼飲料水、乳製品の製造

 

FSSC 22000 (Food Safety System Certificate 22000)とは

 食品小売業界が中心となり、2000年に設立された非営利団体、国際食品安全イニシアチブ(GFSI:Global Food Safety Initiative)により、食品安全の認証スキームの一つとして2010年2月に承認された規格。

 食品安全マネジメントシステムの国際規格であるISO 22000をベースに作られており、前提条件プログラムにISO/TS 22002-1:2009(PAS220)を採用することが定められています。ISO/TS 22002-1:2009(PAS220)は,従来の前提条件プログラムと比べ、非常に厳しい要求事項となっており、より高い食品安全が期待されます。

「ISO22000」の認証取得について

  認証取得概要
  ・認証取得登録日     2012年1月21日:南日本酪農協同(株)本社
  ・審査登録機関       BSIグループジャパン株式会社
  ・登録範囲 
       1   本社〔宮崎県都城市姫城町32街区3号〕
             乳、乳製品、清涼飲料水、液状栄養食品の製造、販売に関する管理業務