⼥性活躍推進の取組み

南日本酪農協同株式会社は「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」に基づき、行動計画を策定いたしました。

1.基本方針

南日本酪農では経営理念である「お客様の毎日の健康づくりに貢献する」ために、働く社員が健康であり生きがいや働きがいといった心の豊かさを感じて仕事をしてほしいと考えています。そのためには仕事と生活の両方の充実が必要です。南日本酪農は女性活躍推進にかかる意識改革を図り、社員が生き生きと仕事に取組み、男女の隔てなく個々の能力を発揮できるよう、社員の相互理解や働く環境・働き方の見直しを推進します。特に、女性が安心して就業できる職場づくりを目指して様々な関連制度の整備を行い、仕事と家庭生活の両立支援への取り組みを強化します。

2.行動計画の概要

(1)計画期間

平成28年4月1日 ~ 平成31年3月31日

(2)主な取り組み事項

  • 多様な視点を組織に取り込むために、女性採用数の拡大を行います。
  • 仕事と家庭生活の両立を可能にするしくみ・制度・環境を整えます。
  • 女性社員のキャリア形成、能力開発に取組み、管理職登用を積極的に推進します。
  • 新規採用における女性割合を50%以上目指します。
  • 女性を配置する現場の環境整備を行います。

(3)取組み実績

  • 平成29年新規採用者女性割合50%
    • 製造部門:16%
    • 営業部門:66%
    • 管理部門:80%
    • 全体:50%
  • 新規採用時における女性面接官の登用
  • 女性リーダー職研修の実施

3.現状に関する情報

(1)労働者に占める女性労働者の割合(平成29年3月1日現在)

  • 製造部門:15%
  • 営業部門:24%
  • 管理部門:24%
  • 全体:19%

平成29年4月1日