ヨーグルッペ
昭和60年生まれの乳酸菌飲料「ヨーグルッペ」
ちょっぴり甘酸っぱくて、どこか懐かしい味ー。
お母さんと一緒に公園で、友達と一緒に学校帰りに、遠く離れたあの町で。
甘酸っぱい懐かしい味は、今も変わらぬまま、みんな大好きな味。
「子どもも大人も、みんなが飲みやすい乳製品を」
「子どもも大人も、みんなが飲みやすい乳製品を」
との思いで作られた「ヨーグルッペ」は、業界初の挑戦をしています。
それは、酸乳安定剤として天然素材のペクチンを使ったこと。
こうして日本初の乳製品乳酸菌飲料(殺菌)が誕生しました。
おいしさの秘密は、乳酸菌とコクにあります
ヨーロッパで培養された3種混合菌(ビフィズス菌・サーモフィルス菌・アシドフィルス菌)がつくるマイルドな風味。
そして発酵乳を熱処理することで生まれる、独特のコクと色。
そう、あの淡い褐色にも、おいしさの秘密があったのです。
今では全国各地に広がった、
宮崎生まれの「ヨーグルッペ」
新海誠監督のアニメーション映画「秒速5センチメートル」や、
種子島が舞台となったプレイステーション3用ゲーム
「Robotics;Notes」にも登場人物が愛飲する飲み物として登場。
大きな話題を呼びました。
また宮崎や鹿児島出身のタレント・モデルさんからも
ふるさとの想いでの味として、多くの場でご紹介いただいております。
親子で毎日、「ヨーグルッペ」。
これからも変わらぬおいしさをお届けします。