腸内細菌健康についてのお話し

腸内細菌は加齢によって変動します!

私たちの腸内には、たくさんの細菌が棲んでいます。そして、腸内の細菌バランスは私たちの健康と密接に関わっています。
一般的に、善玉菌の一種・ビフィズス菌は加齢とともに減少すると言われています。ただ、乳酸菌などのプロバイオティクスを積極的に取り入れることで、善玉菌を増やすことができ、腸内環境が良くなることも報告されています。

加齢による腸内細菌の変動
(光岡知足「腸内フローラの研究と機能性食品」『腸内細菌学雑誌』15巻, 2002年, 57-89頁)

腸内環境を整えるには?

腸内環境を整えるためには、善玉菌として知られる乳酸菌やビフィズス菌のようなプロバイオティクスを取り入れることが大切です。
さらに、善玉菌のエサとなるようなプレバイオティクスのオリゴ糖や食物繊維を一緒に摂取することで、より効果的に腸内環境を改善することができます。

プロバイオティクスとプレバイオティクスの併用により期待される効果
(古賀泰裕「医科プロバイオティクス学」2009年, 株式会社シナジー発行)